本文へ移動

コストダウン事例

コストダウンの検討

         
※※※ 一般ビル空調設備にて、コストダウンの検討 ※※※         

 不再生フィルターの価格と廃棄処理費の両経費より、今までの不再生フィルターから         
 洗浄再生フィルターに変更しました。         
 廃棄処理については、カットフィルターであれば枠は再利用する為濾材のみの廃棄になり         
 一体型の枠と濾材を分解処理する手間も省くことも出来ます。         
 洗浄再生フィルターは、不再生フィルターよりも価格単価が多く掛かりますがフィルター         
 設備経費はダウンします。         
         
 
※※※ 不再生ロールフィルターから
             洗浄再生ロールフィルターに変更
 ※※※

 
当社・事例 / 一般ビル用空調機設備にて、洗浄再生瀘材タイプに変更

コストダウンの事例

不再生・濾材洗浄再生・濾材

不再生濾材単価  @2,000 (1㎡単価)

再生濾材単価   @2,700  (1㎡単価)

濾材廃棄経費     @500  (当社単価)

濾材廃棄経費    @500  (当社単価)

 ( 1㎡ 単価 @2,500 )
 ( 1㎡ 単価 @3,200 )
濾材使用期間   12ヶ月濾材使用期間   12ヶ月
濾材設備経費   1年/2,500
            ( 1㎡単価 )
濾材設備経費   1年/3,200
            ( 1㎡単価 )
不再生濾材に付、掛からず
濾材洗浄経費   1回/ @500
            ( 1㎡単価 )

変更事例

濾材設備経費  3年目/7,500

   (@2,500 x 3本/年・1本)
濾材設備経費  3年目/5,900

   (@2,700 x 1本/1年目)
   (@2,700 x 1本/2年目)
  (@500 x 洗浄1回/3年目)
濾材設備経費  8年目/20,000

   (@2,500 x 8本/年・1本)
濾材設備経費  8年目/9,400

   (@2,700 x 2本/1・2年目)
   (@500 x 1本/廃棄2本分)
   (@500 x 洗浄6回/3〜8年目)
濾材設備経費 / 8年

     20,000 円 
   
濾材設備経費 / 8年

      9,400 円
 

 コストダウン

   10,600 円


   ※ 当社で濾材変更にて、コストダウンに成功した事例です。

   ◎ 粉塵状態にも依りますが、濾材の洗浄はロールフィルターで3回程度
     パネル型カットフィルターで5回程度にて、新濾材と交換する事になります。
     ロールフィルター濾材・2セット/使用期間1年で、 8年で一区切りに成ります。



※※※ ビル空調設備にて、洗浄再生フィルター相当品に変更 ※※※ 
     
ビル空調設備において、簡単にコストダウンを図る方法です。         
変更にあたり心配なのは、変更して問題が起こらないかということと思いますが、メーカー         
によりフィルターの粉塵捕集効率や使用条件(定格風量・初期差圧・最終圧損等)等が明記         
されていますので、現状使用している既存フィルターと条件を検討して変更を行えば、心配         
することはありません。当社においても数多く変更してきましたが問題はありませんでした。


※※※ ビル空調設備にて、既存フィルターの確認 ※※※
         
ビル空調設備において、当社交換作業において設計当初の不再生フィルターをそのまま使用。         
使用目的等を考え再生用フィルターに変更してコストダウンを検討して見ては如何でしょうか。


ご質問、ご相談はお気軽に当社までお問い合わせください。

株式会社 第一エンヂニアリング を クリックしてください
                                メモ用紙に使えるページか゛でます。

株式会社
第一エンヂニアリング

北海道札幌市南区川沿五条
2丁目6番1号
TEL.011-571-7057
FAX.011-571-7058


1.建築、建築物及び設備の保守管理及び清掃業務
2.エレベーター、エスカレーター、その他昇降機の保守管理
3.貯水槽並びに浄化槽等の清掃及び維持管理
4.環境衛生及び公害防止に関する調査測定
5.電気工事の設計及び施工
6.管工事の設計及び施工


 

0
6
1
8
9
1
TOPへ戻る